MENU

ミョウバンを使ったわきが対策方法とは?

脇の下にミョウバンの結晶を押し当てている女性

 

ミョウバンとは、、なすをつけるときに色が落ちないようにするために入れる白っぽい血漿のもの、煮崩れを防ぐためや灰汁抜き、食品添加物として使われています。

 

もちろんスーパーなどでも市販されているものです。ではこのミョウバンがわきがにどのように効果があるのでしょうか。

 

わきが対策に効果が期待できるデオドラントクリームならコレ!

 

ミョウバンでわきが対策!その消臭効果とは?

ミョウバンというのは化学的に言うと、カリウムや鉄、アルミニウムなどの金属イオンが硫酸塩として結ばれた塩分のことです。

 

市販されている安く手に入るものについては、合成されているものが多いですが、自然界にもミョウバンというのは存在し、薬湯の成分としても有名です。

 

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。

 

ニオイの元となる殺菌はアルカリ性を好みますが皮膚の表面をミョウバンで酸性にすることで雑菌の繁殖を阻止することができます。

 

また菌に対しての抵抗だけではなく、殺菌作用もあるためわきがにも効果があるという見解です。知られていないことですがミョウバンはトラブル肌をケアする化粧水にも活用されるなど優れた作用もあるのです。制汗作用もあるとされています。

 

食べ物に使われるもののため、顔や体に塗ったりすることによってもなんら問題は起こりません。

 

ミョウバンはニオイそのものを消す効果があるためわきがにも有効とされています。

 

特にミョウバンはアンモニアに対する消臭作用は優れているとされており、わきの下だけでは限らずに足のニオイやペットのニオイ消しなどにも役立ちます。

 

わきが対策としてのミョウバンの使い方

一般的なミョウバンの使い方としてミョウバンの粉末を直接わきの下に塗布するという方法もあります。

 

すり鉢などですりつぶして粉にして塗布するのもおすすめです。

 

一番簡単でわきが対策として有効なのが、ミョウバンを水に浸し蓋をして軽く振ります。

 

ミョウバンはお水にとけにくいので1日くらいそのままにしておきます。

 

無色透明の液になったらミョウバン水の完成です。

 

これは冷蔵保存するようにしてなるべく毎日使用し、新鮮なものを使うようにしてください。

 

入れる容器はスプレーなどの持ちはこびができるものがいいかもしれません。直接わきに吹きかけたり、腕や足などにも吹きかけられます。

 

ミョウバンを使ったアレンジわきが対策!その方法とは?

入浴剤のようにミョウバンを浴槽にいれてそのお風呂に入ったり、アロエクリームや保湿クリーム(無臭)に混ぜて使う方法もあります。

 

ハンドクリームに混ぜてミョウバンを使ったとしても、手の角質などもきれいにとられ、白いお肌になると思います。

 

ただミョウバンスプレーやミョウバンの粉末が全てのわきがの人に対して効果があるわけではありませんのでご注意ください。

 

まずは自分のお肌がミョウバンに対してのアレルギーなどないかパッチテストを行うようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

わきがは大人子供性別問わずにあります。クリニックでこどものわきが専門の治療院もあるくらいです。

 

大人は食べものや不規則な生活、ホルモンバランスなどによったり、サプリを摂取したりしているためより強いニオイになりがちです。

 

子供はアルコールは飲まないし、大人に比較するとまだバランスのとれた生活をしているかもしれません。

 

が子供のわきがのニオイ対策として最も有効なのが、このミョウバンスプレーやミョウバン水なのです。

 

殺菌効果に大変有効なので、洗面所においておいて、手洗いのあとの仕上げなどに使うのも有効活用かもしれません。

 

大人から子供、ご年配の方までが使えるものなのでご家族でもぜひともご使用ください。運動部で大量に汗をかいたあと、スポーツジムでの汗をかいたあとなどこれからの季節大活躍しそうです。

 

わきが対策に効果が期待できるデオドラントクリームならコレ!